貧乏コンプレックス

スポンサーリンク




仕事帰り、某スーパーにより買い物をしました。

いつもは、ほとんど勤務先のスーパーで買い物を済ませています。
(社員割引10パーセント引があるので)

今日は、なんだか他のお店で買いたくなり、違う駅で降りました。

Gパンに、ヨレヨレのTシャツを着て、髪の毛はボサボサ。
今日に限って、化粧直しもせず、疲れた顔して買い物をしていたと思います、
私。

そんな時に限って、知人に会ってしまうのですね。
それも一番会いたくない人でした。

「K君ママじゃない?」

(名前を呼ばずに、k君ママと呼ぶのは、ママ友の特徴?)

振り返ると、こぎれいな恰好をした婦人がたっていました。

息子の小中学校(私立の)時代の友達のお母さんでした。
毎年学校に10万円以上寄付していたお金持ちのママ友さんです。

「あ、お久しぶりです。」

そう答えながらも、どこかへ逃げたかった私です。
(どうしてこんなに汚いかっこで、会ってしまうの!)

「K君は、お元気?
どうなの公立高校は?」

「公立もなかなかいいですよ。
楽しそうに学校へ行ってますし。」

顔がひきつりながらもそう答えました。

「仕事帰り?」

そう言いながら、私の服装を上から下までジロリ。

すみませんね。汚いかっこで、いつもはもう少しましなかっこをしているんですよ
なんて、答えられるはずもなく・・・

黙って頷く。

「K君も来年、お受験するのかしら?」

「はいしますよお受験。」
(大学入試までお受験というのか。)

「どちらを目指しているk君は?」

「まだ決めていません。」
(決めててもいうもんか)

娘も息子も通った私立中学は、本当にお金持ちばかりでした。
必死に貧乏だという事実を隠していたことを思い出しました。

スポンサーリンク

貧乏コンプレックスというのでしょうか

とにかく馬鹿にされるのが嫌でした。

息子が、そのまま私立高校へ進まずに、公立高校受験を選んだこと。
あっという間に、噂話は広がりました。

なんで?
どうして?

中学の卒業式では、案の定、いろんな人に質問攻めにあいました。

貧乏で、私立に通うお金がない。

この事実をいうことができませんでした。

「息子の希望で。」
そう答えました。

もちろん息子の希望という理由もありましたけど。

私は心が狭い人間です。

帰宅して息子に告げました。

○○高校(息子が行くはずだった私立高校)の同級生たちだけには負けるな!
あの子たちよりレベルの高い大学へ行って!
貧乏だからって、負けたくない、ガンバレ。

息子はキョトンとした顔で、答えました。

勝つとか負けるとか、そんなの考えてないよ。

そうか・・・
お金持ちのママ友さんには、負けたくないという気持ちは私だけだったのか。

これは本当に貧乏コンプレックスだと思いました。

タイトルとURLをコピーしました