年金だけではやっていけない、60代先輩の悲しい老化

スポンサーリンク




コロナの濃厚接触者となり、今は3人のパートさんが休んでいます。
今日も疲れました。

年金だけではやっていけないからと、働いている先輩がいます。

現在68歳のおひとり様です。
この先輩、元々は社員で、とても怖い先輩だったのです。
私は、よく怒られていました。

その先輩は、60歳で定年退職した後、シルバースタッフとして再雇用されています。
あの怖かった先輩は、穏やかな人になったのですが、ミスばかりしています。

毎日、初歩的なミスをします。
目も悪くなったのか、数字の間違いも多くなりました。

今日、本人がボソッと言っていました。

「最近、頭がおかしいんだよね。どうかしてる」と。

その言葉を聞いて、なんだか悲しくなりました。
自分ではどうすることもできない老化が原因だと思われるからです。

「身体もきついし、本当はやめたい。でも、年金だけではやっていけないから、頑張るしかない」と、以前話していました。

明日は我が身。
脳や身体をしっかり鍛えていかないと、老化はスピードを早めていく気がします。

認知症予防には、良質の睡眠をたっぷりとることが良いそうですが、私は最近5時間か6時間で目が覚めてしまいます。
50代の頃は、二度寝もできたのに、今は5時に目が覚めると、もう一度眠ることもできなくなりました。

これも老化の一つなのかな。

いろいろと不安になることもよくないので、楽しいこと考えて、感謝の言葉を口に出して眠ることにします。

本当は書くこともつらい結婚生活を、毎日が発見ネットで連載をしています。
もう忘れたい過去の出来事です。
よろしかったらご覧になってください。

「これは傷害事件です。旦那さんを逮捕しますか?」夫からの激しいDVに耐えかねて警察を呼んだ日/chii
モラハラDV夫との異常な結婚生活を振り返っています。 いろんなことを乗り越えて、今やっと平穏な暮らしを取り戻すことができました。 本当に波乱万丈な結婚生活だったのですが、その中でも忘れられない出来事を書いていこうと思います。 【前回】息子の受験を邪魔するモラハラDV夫。ビリビリに破かれた教科書が悲しくて.../chii...
タイトルとURLをコピーしました