帰る実家がなくて申し訳ないと、悲観しているのは私だけだった

スポンサーリンク




今日は、まじめに自炊をしました。
・鶏モモ肉のトマト煮
・ベーコンとブロッコリーのソテー
・スクランブルエッグです。

今日の夕飯に食べて、明日はお弁当に入れる。
明日の夜に同じものは、さすがにあきるので他のものを食べる予定。

一人暮らしだと、作り置き作っても、あきてしまうのが悩みの種。
最近はすごい食欲で、体重は増えていないけれど、お腹がボコッと出てきた感じです。
来週、健康診断があるというのに・・・
また脂質異常に要観察の印がついてしまうかもしれないです。

さて子供たちのこと。

帰る実家がなくて申し訳ないと悲観しているのは、私だけだった。

娘も里帰り出産ができなかったし、息子はお正月に帰省しても、泊まることができません。
ワンルーム暮らしの親で、申し訳ないっていつも思っていました。

私自身は、夫から暴力を振るわれて、よく実家に逃げ帰ったものです。
実家は商売をしていたので、のんびりとくつろぐなんてことはできなかったけれど、いざとなったら帰る実家があるというのは安心でした。
その実家も今はなくなりましたが。

帰る実家がなくても、二人に悲壮感はなく、それぞれの場所で、楽しんでいるようです。
父親から受けた言葉の暴力も、忘れているのか、前向きな二人に、ホッとしています。

帰る実家がない、頼れる親がいないから頑張るしかないのかもしれない。

私は私で、二人の子供に迷惑をかけない老後をおくりたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました