親子の断絶は不幸な結果を招く、寂しかったと思う。

スポンサーリンク




今朝起きてすぐに目に飛び込んできた訃報。
今年もまた、悲しいことが多い一年だったと思う。

神田沙也加さんのニコニコしたあの笑顔を見て、三浦春馬さんを思い出しました。
三浦春馬さんが、亡くなって一年と5カ月、未だに彼の死を悼んでいるファンは多いです。

二人の共通点は、あの笑顔と親子断絶。

何事もないように、ニコニコ笑っていた二人は、心の裏側ではどうしようもない孤独感に苛まれていたのではないかと感じます。
神田沙也加さんも、寂しかったんじゃないかと思います。

母である松田聖子さんとは、何年も連絡をとっていなかったそうです。
楽しそうに共演した時代もあったのに。

何か一つボタンをかけ間違えただけで、親子の間に大きな溝が生まれてしまうこともあります。
でも、自分の子供を愛していない親なんていないと思います。

お母さんと言いながら、母の胸に飛び込みたい。
それができなかった神田沙也加さんもまた、気の毒に思います。

親子断絶、私も娘と断絶していた時代がありました。
短い間でも、とても苦しかったです。
いつもいつも娘のことを思っていました。

松田聖子さんもまたそうだったと思います。

沙也加という文字を見ただけで、泣けてきちゃうんです。
いつかテレビのインタビューで答えていた聖子さん。
それだけ、娘の成功を喜んでいた母でした。

なんでこんなことになっちゃったんだと思います。
もうあの透き通った歌声が聞けないと思うと、残念で仕方ないです。

タイトルとURLをコピーしました