65歳で年金をもらわない方がいい理由とは?あたりまえのことが書いてあった

スポンサーリンク




65歳を過ぎた同僚は、あたりまえのように年金をもらいながら、パートを続けています。
パートを続けてるということはもらっている年金だけではやっていけないからです。

私も年金だけではやっていきません。

最近、年金を繰り下げ受給した方がお得という記事をよくみかけます。
年金破綻が噂されて、政府がやっけになっているのかな~なんて思っていました。

65歳で年金をもらわない方がいい理由とは?

今朝、バスの中でその記事を読んでみたけれど、あたりまえのことが書かれていました。

・今の60代70代は若いから、65歳で定年して老後は隠居という時代はもう過ぎ去った、70歳までバリバリ働きましょう。
・70歳で繰り下げ受給を選んだら、もらえる年金が増えるから。
・超高齢化社会となり、現役世代に負担が大きくなるから、それを助ける意味でも繰り下げ受給を。

というような内容でした。
私は今でも迷っているけれど、たぶん70歳から繰り下げ受給をしようとぼんやりと考えています。

70歳まで死んだら、もらい損ねるわけです。
でも90歳まで生きるかもしれません。

自分の寿命なんかわからないわけで、神のみぞ知る、です。

また、考えが変わるかもしれないけれど、70歳まではやはりパートを続けて、自分の稼ぎだけで食べていこうと思います。
現在は副業を含めて手取り17万円の収入があるので、家賃が4万円かかってもなんとかやっていけます。
これを70歳まで続けるのが理想です。

何歳でもらうのが、一番お得か?なんていうのはなくて、やはり自分がどう生きていくかによると思います。

私の夫は、年金をもらわないという選択をし、年金を納めてきませんでした。
自分の老後は、年金なんぞ破綻してるからと勝手に思っていたようです。
年金がなくても、現在67歳、一人で細々と食べていけています
(たぶん)

タイトルとURLをコピーしました