食べることは生きること、食べることで命をつないでいる母。

スポンサーリンク




老親の自宅介護のために、パートをやめた元同僚の夢を見ました。
朝5時に、元同僚がこのワンルームに遊びにくるという夢です。
来てくれるのはうれしいけれど、なんでこんな時間?と文句を言ってました。

ガン末期のお母さんは、食事はとれているそうです。
乳がんから転移して、口の中にも大きな腫瘍ができていて、余命は一年と宣告されています。

それでも、まだ食べる意欲はあるそうです。

私の母もまだ食事はとれているらしい。

食べることで命をつないでいるのだと思います。

母はあんぱんが好きでした。
毎回、訪問時はあんぱんを買っていくと、あるだけ食べてしまいました。

母も甘いものが好きで、終の棲家になった現在の特別養護老人ホームへは、妹がよく差し入れに行ってくれました。
コロナで面会はできなくても、差し入れだけはできたのです。

先日の面会では、飲み物はOKということだったので、これも母が好きだったリンゴジュースを置いてきました。

食べることは生きること、そして楽しみでもあります。

私の今日のお楽しみ時間はローソンストア100のマリトッツオ、イチゴバージョンを食べました。
100円なので感動するほどのおいしさとは言えませんが、イチゴクリームたっぷりで満足でした。

夕飯は、オクラとみょうがと納豆で、ネバネバそばを食べました。
今日は9月にしては蒸し暑く、さっぱりしたものが食べたかったのです。

そばは流水麺、洗うだけですぐ食べれるものが半額になっていました。
こちらも一人暮らしには困る二食入りです。

一食分は、明日食べる予定です。

あたりまえのように、好きなものを食べれていますが、いつかは食べれなくなる日がくるかもしれません。
食糧危機が訪れるかもしれませんし。

母は内臓がどんどん老化している状態です。
87年間、内臓もよく頑張ってくれたと思います。

タイトルとURLをコピーしました