18歳になったら出ていけは、わが家だけではなかった

スポンサーリンク




あと半月で息子はここを出ていき一人暮らしを始めます。
なんの助けも、仕送りをすることもできずに、ちょっと心が痛くなっています。

友達はみんな仕送りしてもらってる!なんで俺だけ?なんてよく文句を言っていたのです。
確かにそういう子の方が多いだろう思います。

18歳になったら出ていけ、夫が娘によく言っていた言葉です。

その言葉通り、娘は18歳で家を出ました。
それからは、ずっと娘にも援助も仕送りもしてきませんでした。

いろんなバイトをしたり、奨学金を借りて、娘は頑張っていたと思います。
何しろ、貧乏な頼れない親ですので、自分で頑張るしかなかったのです。

今になって後悔ばかりです、なんでもっと手を差し伸べなかったのだろうって。

18歳になったら出ていけはわが家だけではなかった。

職場の男性社員に話を聞きました。
5人兄弟の末っ子で、実家はあまり裕福ではなかったので、親は5人の子供に18歳になったら出ていけ、自分の力でやっていけと言ってたそうです。

5人は5人とも18歳で家を出て、自分の道を歩み自立しています。
そして親を恨んでいるどころか、18歳まで育ててもらったことを感謝しているのです。

その話を聞いてちょっと安心しました。

息子は奨学金を借りていますが、引っ越してからはバイトで月8万稼いで貯金もしたいなんて言っています。
息子も、親には頼れない、自分でがんばるしかないって気が付いたのかもしれません。

引っ越す前に、焼き肉が食べたいという息子。
お給料がでたら、自宅で焼き肉をしようと思います。

一緒に焼き肉食べるのも最後かと思うと、やはりさびしい気持ちが増してきました。

タイトルとURLをコピーしました