またまた息子から言葉の暴力

スポンサーリンク




今週は職場でいろいろとあり本当に疲れていました。

疲れがピークに達した昨晩のこと。

息子から言葉の暴力を受ける

オンライン授業で家にひきこもっていることが多い大学三年生の息子。
一人の時間を楽しんでいた時期もあった。

ところが最近は孤独感に襲われるらしい。
大学の友達がたくさんいる地域に引っ越したいみたいで。

6月中に一人暮らしを始めるから、仕送りしてくれと言う。
仕送りできる余裕がないことは息子が一番よく知っているはずです。

そこから始まった暴言の数々。

普通の親はみんな仕送りしてくれるんだよ

なぜこんなに貧乏?

パートだけで暮らしていけるわけないだろう?

あんたが親父と結婚したのが悪い。

この最後の言葉はとても悲しかった。
事実ですけどね、私があの人と結婚しなかったら、こんな貧困生活はおくらないですんだかもしれないのです。

出ていく、
やっぱりまだいい。

毎日のように気持ちがコロコロ変わる息子、コロナさえなければこんな子にならなかったのにと思う。

モラハラ夫の背中を見て育っているので、私には何を言っても許されると思っているのでしょうね。

昨晩は眠れませんでした。
お金がないのも悲しいし、息子が孤独感からおかしくなっていくのも悲しかった。

今日は私もひきこもり一日中ゴロゴロしていました。
私がベッドから出てこないのでおかしいと思った息子は、家事をやってくれていました。

モラハラ夫と息子の違う所は、息子は反省すること。
昨日はごめん、あれ本心じゃないからと言ってきました。

私も貧乏がいやになった。
確かに今、母子家庭になったのは私の責任です。

そして正社員になってもっとバリバリ働くべきだったかなと思う。
60歳になった今から、正社員はもう無理ですが。

すみません。
今日もダラダラ愚痴書いちゃいました。

お許しください。

タイトルとURLをコピーしました