孫に会ってきました、娘はマタニティーブルー

スポンサーリンク




孫に会ってきました。

本来なら実家にむかえて、母子の世話をするのが母親の役目だと思う。
だけど娘は東京で産むことを決めました。

私が仕事を休めないのもわかっていたし。

普通の親ができることをやってあげらなくて申し訳なく思ってます

生まれたての赤ちゃんはやはりとてもかわいかったです。
一日中抱っこしてたくなっちゃいました。

私がいる間は娘に休むように促しましたが、娘はとても疲れた顔をしていました。
そして私の帰り際に涙を流しました。

「ちゃんと育てられるか不安」

早くもマタニティーブルー?

娘に泣かれて孫に泣かれて、帰り道はとてもつらかったです。
またそばについててあげることができない・・・

幸い、とても良い旦那さんで育児には大変協力的です。
家事も今はほとんどやってくれているそうです。

娘は父親と正反対の人を選んだと思う。
それは本当に良かった。

私はもういつ死んでも後悔はないと思っていたけれど、孫のためにもうちょっと生きたいって思いました。

身体は疲れても、行ける範囲で娘の住む東京へ行こうと思っています。
孫は私に癒しを与えてくれました。

タイトルとURLをコピーしました