帰る場所がないって、悲しいこと

スポンサーリンク




三浦春馬さんの実母の記事を読んで、また悲しい気持ちになってしまいました。

親子断絶は事務所のせい、自分が守ってあげられなかったことを後悔しているという内容でした。
死人に口なしです、もう誰が何を言ってもどれが真実だかわかりません。

実母の記事を読んで違和感しかありません。

三浦春馬さんが、仕事を辞めて田舎に帰りたいと言った時、温かく受け入れてあげませんでした。
家のローンはどうするの?と俳優を続けるように言ったそうです。

帰る場所がないって悲しいことです。

帰る場所がなくなった春馬さんは、それでもがんばっていたのに。

三浦春馬さんの訃報を聞きショックを受けた俳優は多いと思います。
たまたま見た記事ですが、ある男性俳優三人が、母親からの言葉をあげていました。

いざとなったら辞めて帰ってきてもいいよと言ったそうです。
自分にはいざとなったら帰れる場所があると思ったら安心したと三人が三人とも言っていました。

いつでもどんな時も支える、それが母親っていうものなんだと思います。

私も帰る場所はありません。
もう実家がないからです。

今度は私がいつ帰ってきてもいいからねと娘と息子に言う立場になりました。
娘はここがボロアパートのせい?、あんまり帰ってきません。

何があっても、いつでも支え続けるからねと二人の子供には言い続けたいです。

二階のモラハラ爺さん、今朝は朝から怒鳴っていました。
そんなことばかりしていたら、全部自分に帰ってくるのにって思います。

タイトルとURLをコピーしました