困った貧乏性!33年前のパジャマが手放せない

スポンサーリンク




明け方、胸が苦しくなって目が覚めました。
10分くらい座っていたらやっと息ができるようになってもう一度眠ってしまいました。

二度寝、気持ちよすぎて寝入ってしまい、いつも家をでる7時10分に目が覚めました。

「休みたい!」と思いながらも、同僚に迷惑かけるので30分遅刻していきました。
胸が苦しくなるのはたまにあるのですが、内臓脂肪が肺や心臓を圧迫しているのか?
理由がわからないので不安です。

老前整理をしているのですが。

困った貧乏性です!33年前のパジャマが手放させません

くまさんの模様も、花の模様もうすくなっている。
襟も伸びてきました。

これいつ買ったんだっけ?と思い出してみた所、33年前でした。
自分でもびっくり。

33年前のパジャマを着ている人っているのでしょうか?
私ぐらいかも。

確か会社員時代に同僚とおそろいでベルーナで買ったものです。
くまさんの絵柄が可愛くてとても気に入っていました。

そしてとても着心地がいいのです。
このパジャマを着ると安心できるという理由もあります。

でもやっぱり手放すべきか迷っています。

もったいないから捨てられないというのではないのです。
愛着心かも。

そういえば夫も、20年間同じパジャマを着ていました。
新しいものを買ってきても着ないでそればっかり。

ゴム紐を何回取り換えたことか。

そんなことを考えると私たち夫婦は断捨離が苦手で、だから貧乏のままなのかって思ってしまいます。

あーでも捨てなくないです。

タイトルとURLをコピーしました