そこに神様はいません

令和が始まって二年目、二年目がこんな年になるなんて誰も予想していなかったと思います。

お彼岸やお花見と、華やいだ季節が訪れ、夏にはオリンピックがあるとワクワクしていたはず。
ところがウイルスとは本当に怖いです。
いろんなものを奪い、いろんなものを破壊していきます。

読者の皆様は神様の存在を信じますか?
私は神様の存在を信じています。
(クリスチャンなので)

神様がいるならなぜこんなことが起こるの?と思う方もおられるでしょう。
今回のコロナウイルスで人間が苦しむ姿を一番悲しんでいるのは神様なのです。

神社仏閣にお正月の初詣だけ行く日本人。
何かあった時だけ神様助けてと叫ぶ人間。

神社仏閣に行っても、そこに神様はいません。

たとえいたとしても苦しい時だけの神頼みが聞かれると思いますか?

普段は好き勝手に生きている人間が苦しくなった時だけ神様を頼る。
それでも神様は人間を助けたいと願っています。

日本で感染者や亡くなった方の人数が少ないのという事実を知り、神様は本当に日本を愛しているのだなと思いました。

このコロナウイルス騒動から新しい世界へ変わっていくと言われています。

株で財産が半分になった方も多いと思います。
それが老後のための資金だったとしたら青くなるのも当然です。

本当の心の平安はお金では買えないのです。

コロナの終息が見られない今、クリスチャンは必死に祈っています。
クリスチャンでなくても、神様に祈ってみてください。

コロナウイルスが早く収まるように。
世界的恐慌が、これ以上すすまないように神様助けてくださいと祈ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました