シナシナになったレタスで節約ご飯

スポンサーリンク




身体のために、毎食サラダを食べるようにしています。
レタスはまるごと一個買うと、最後の方はシナシナになってしまいます。

シナシナになってしまったレタスを捨てるのはもったいないとずっと思っていたのですが、最近は捨てないで活用しています。

スポンサーリンク

シナシナになったレタスで節約ごはん

シナシナになったレタスは、炒めたり、スープに入れています。
レタスを炒めるってどうなのと思っていましたが、炒めてみたら美味しかったのです。

よく作るのがレタスチャーハンです。
レタスは細かく切って、たまごとかにかまを入れて炒めました。
カニかまを入れたらとてもボリュームのあるチャーハンができました。

シナシナになったレタスでも、炒めてみると、レタスのシャキシャキ感が生き返りとても美味しくなります。

レタスの外葉、一番外の固い葉も、シナシナになったレタスも捨てないで活用できます。
食費の節約になります。

私がよく作るレタスの参考レシピです。

★レタスととまとのスープ

簡単なのに、栄養もあるので、よく作ります。

レタスととまとのスープ。
春のやわらかなレタスを使った簡単スープです。

★レタスとかにかまの焦がし醤油バターチャーハン

かにかまとレタスだけで、とてもボリュームのあるチャーハンができます。
お弁当にもおすすめです。
冷めても美味しいのでお弁当におすすめです。

レタスとカニかまの焦がし醤油バターチャーハン
カニかまやレタスがたっぷり入ったボリュームチャーハン。 お弁当を作るのが面倒な時でもたっぷり具材とご飯でさっと炒めれば、お腹も満足なスピードチャーハン弁当のできあがり。 時間がない時のお弁当作りにおすすめです。

★最後はレタスとツナのスープパスタ
レタスはパスタにもあいます。
コンソメで作るスープパスタですが、美味しくてペロリと食べてしまいます。

フライパンひとつで楽々♪レタスとツナのスープパスタ

以上レタスのレシピを三品でした。

見切り野菜のコーナーでちょっと傷んだレタスでも活用できそうです。

タイトルとURLをコピーしました