母子家庭だからこそ、思うこと

スポンサーリンク




今日は仕事帰りに、インフルエンザの予防接種をしてきました。
予防接種はもう何年も受けていませんでしたが、職場の方で「受けるように」という指示がありました。
費用は会社が負担してくれるというので行ってきました。

ついでに家族も、うてるというので息子にすすめてみましたが、「俺はいい!うつらないから」という返事でした。
今まで中学、高校と必ずうつされてきたのに、よく言うよ!

スポンサーリンク

母子家庭だからこそ、思うこと

娘のことも今までこのブログにいろいろ書いてきました。
毒親だったので、さまざまな影響を与えてしまいました。

つい最近、結婚を前提としてお付き合いをしている彼ができました。
今度こそ、幸せになってほしいです。

孫に会いたいから早く結婚してほしい?
それも少しはあると思いますが、一番は支えてくれる人と共に、お互い寄り添って生きてほしいからです。

これは母子家庭だからこそ思うことです。

私の方がこの世を去るのは早いに決まっています。
だから私がいなくなった時に、一人で悲しむのではなく隣に支えてくれる人がいてほしいのです。

娘にも息子にも良きパートーナ―ができて、寄り添い生きていってほしい。
それを見たら私は安心して旅立てると思うのです。

そんなことを言っている人ほど長生きするかもしれませんね。
長生きするとしたら、全国をふらふら旅する老人になりたいと思います。

一応これが老後の夢です。

タイトルとURLをコピーしました