褒められた記憶が少ない

スポンサーリンク




毎日、自由に暮らしている息子。
もう大学に行きたくないでしょ?と聞いてみました。
そんなことはない、早く学校へ行きたいという答えでたが、本当かどうか・・・

今日、職場で店長に、褒められました。
いい年をして、とてもうれしかったのです。

帰りのバスの中で、褒められるってこんなに気分がいいのかなんて思いました。

スポンサーリンク

私は今までの人生の中で、褒められたことが極端に少なかったと思います。

父にも母にも褒められた記憶がありません。

先生にも、褒められたことがなかったし、夫にもです。

私の自己肯定感が低いのはここからきているのだと思います。
そしてそれは子供たちにちへも影響を及ぼしてしまいました。

褒められた経験が少ないので、子供たちを褒めることをしなかったのです。

息子を褒めたのは、国立大後期に合格した時、その時は思い切り褒めました。
それ以外は、どちらかというと否定して育ててしまったと思います。

だから息子は、自己肯定感が低いのかと今さらながら思います。

夕食時にそんな話をしました。

「褒めないでいいよ、褒められたらキモイから・・・」なんて言われてしまいました。
キモイという言い方をしましたが、照れくさいのだと思います。

母親の言葉って重要だったと子育て終了時に気が付きました。

タイトルとURLをコピーしました