息子が作る貧乏飯に、泣けてくる

スポンサーリンク

もう一つのブログでも、他の方のブログを読んで、泣いた話を書きました。
最近、涙もろいのです。

この涙の種類はなんだろう?
悲しみの涙でもないし、感動の涙でもない。
あまりの貧乏ぶりに情けないっていう涙かもしれません。

息子が作る貧乏飯を見て、泣けてきました。

最初は笑ったのですが、笑ってはいけない問題だと反省しました。
息子は、いっしょに暮らしていますが、なんとか自立しようと、自分のことは自分でやるように努力をしています。

まず朝ごはんは、それぞれ自分で作っています。
息子の朝ごはんは、目玉焼きに冷ややっこが定番メニューです。

最初はこげこげだった目玉焼きも、だいぶ上手に作れるようになりました。

そしてお昼ご飯は、私が買っておいたレトルトものを食べています。

大学がある時は、おにぎりを作っていました。
私の方が家を早く出るので、おにぎりを見たことはなかったのです。

昨日、派遣のバイトに行くのに、おにぎりを作っていました。
食べる時間がなかったからと残してきました。

これです。(ブログにアップしたのがばれたら怒られそう)
笑っちゃいますよね、なぜ卵型? なぜのりをつけない?とツッコミどころ満載です。

丸美屋の混ぜ込みわかめの明太子バージョンですね。

「お昼ぐらい買ったら?美味しくないでしょ」と聞いてみました。

「いや、うまいよ、コンビニのおにぎりよりうまいし、栄養がある」という答え。

栄養なんて・・・あるのかな。

貧乏でごめんよ~という気持ちです。

私は自分のお弁当を作っているので、息子の分も作るよと言っているのですが、頑なに拒否。
大学生なんだから、そんなこと自分でやると言います。

でもこんなおにぎり見ちゃうと、本当にせつなくなります。