成績表と三者面談

スポンサーリンク




a0002_003653

息子の通う高校は二学期制です。
今日は一学期の終業式でした。

そして、私と息子と担任の先生との、三者面談のために、学校へ行ってきました。

スポンサーリンク

まず、模試の成績表を見せられました。 とてもとても、国立大学へ入れるような成績ではありませんでした。

模試の結果は、だいぶ前にわかっていたらしい。
でも、息子は私に見せなかったし、報告をしませんでした。

成績が悪くて、怒られるから?
いいえ、違います。

たぶん、私が心配するからだと思います。

先生は、この時期の模試の結果は気にしないでいいと、おっしゃっていましたが。

その後、学校の成績表を見せられ、5段階で5をとれたものもありましたし、3という数字もありました。

担任の先生は、息子に聞きました。

この3をとった科目は明らかに手を抜いているね?
勉強しなかったでしょ?

はいと答える息子。

そして志望大学を伝えると・・

この大学を目指すなら、手抜きは許されません。
全部、ある程度の成績をとらないと、だめです。

センター試験を受け、国立を目指すなら、同級生と同じ勉強方法では無理だと言われました。 人の倍以上の勉強と努力が必要とも言われました。

息子の高校はトップレベルではありません。

同級生(二年生)たちは、まだ、部活を中心にして、テスト前しか勉強をしない子がほとんどです。
三年生の夏から、受験勉強をスタートする子が多いのです。

やっぱり・・と思いました。

修学旅行の積立が今月で終わるので、塾の費用を捻出するつもりでした。
やれることはやってあげたいので・・・

でも、数日前、「俺、自力でがんばってみる、だから塾へはまだ行かないでいい」と言ってきました。

受験勉強の方法みたいな本を、何冊か、借りてきていました。

昨日は、大好きなサッカーの日本代表の試合も見ないで、ロフトにあがって勉強していました。

受験まで、あと一年半。
まだまだだと思う気持ちもあるけれど、けっこうあっと言う間に過ぎてしまうかもれません。

一年半後、読者の皆様へ、嬉しい報告ができるといいのですが・・・

モラハラDV家庭で育ち、現在は貧困母子家庭。
そんな環境に負けないで、頑張れば、人生をひっくり返すことができるという
生きた証人になってほしいと、切に思います。

ご訪問感謝します。

タイトルとURLをコピーしました