子供を施設に入れたいという親、子供を捨てたい

スポンサーリンク




八月に入り、息子はアルバイトの回数を減らしました。

最近は部屋にこもっていることが多くなりました。

スポンサーリンク

子供を施設に入れたいという親の話を、ブログで読んだことがあります。

自分では手に負えないから。
もう限界だという親はけっこういるのかもしれません。

やるだけのことは、やった、だけどもう無理、そんな内容の記事も読みました。

私もそうだったから、気持ちはすごくよくわかります。

私は、夫と同じような暴れ方をする息子を見て、もう無理、もう限界だと思ったことがたびたびありました。

私は、施設に入れと言わずに、お父さんの所に帰れという言い方をしました。

お母さん、もう無理だから。

疲れちゃったから。

悪いけれど、お父さんの所へ帰ってと。

私は何度も息子を捨てようとしました。

でも、息子は、それでも私にしがみついてきました。

口には出さなかったけれど、たぶん 捨てないでと思っていたと思います。

結果的に捨てないでよかったと思っています。

男の子って、反抗期は、はりねずみのようにとがっている、みんな同じなんだって、今は冷静に思えます。

息子は息子で、苦しくて仕方ないモヤモヤ状態だったのだと思います。

反抗期、思春期、中二病。
息子がモンスターに見えた日もありました。

すぎてしまえば、みんな思い出です。

新幹線殺傷事件の容疑者は、両親に捨てられました。
中学生の時から、施設にはいったそうですね。

親に捨てられた悲しみ、怒り。

それが、社会に対しての恨みをなり、その牙を全くの他人に向けてしまいました。

親は、どんな子でも、子供を捨てたらだめだって思います。

タイトルとURLをコピーしました