母親業をもっとちゃんとやらなければと反省しました。

スポンサーリンク

花火を見てから、夜の街をウォーキングしてきました。
あー疲れた。

花火大会の夜、街は賑わいでいました。
みんなゾロゾロと家路を急いでいるのに、そんな中ウォーキングをするのは失敗でした。

今日の夕飯は手抜きごはん、水餃子をゆででポン酢で食べたのですが、美味しくなかった。
息子には鮭を焼いたのだけど、何も文句を言わずに食べていました。

母親業をもっとちゃんとやらなければと反省しました。

息子とは、いつか別れて暮らす日がきます。

いつまで私がご飯を作ってあげれるかわからないのです。
だからもっと美味しいものを食べさせてあげればよかったといつも思います。

これはお弁当作りにも言えること。

高校時代の3年間、本当に手抜きばかり。
冷凍食品と残り物のオンパレードでした。

大学生になり、お弁当持参の学生もいるそうですが、息子はいらないといいます。

最初の頃は、学食で食べていました。
その500円さえ、節約と言い、自分でおにぎりを握っていきます。

相変わらず、貧しいなと感じてしまいます。

何を作っても、どんなに手抜きしても息子はまずいとは言いません。

今、お腹いっぱいだから残すという言い方をします。
その言葉を聞くと、またせつなくなり反省するのでした。

ウォーキングする元気があるなら、もっとちゃんとご飯を作りなさい!