親が貧乏、人生終わった

スポンサーリンク




今日も、精神が不安定な息子です。

試験を前にすると、恐れと不安が襲ってくるみたいです。
困ったものです。

でも、自分で乗り越えないと、どうにもなりません。

スポンサーリンク

親が貧乏、人生終わった

これは、息子が言った言葉ではありません。
心の中では、そんな思いもあるとは思いますが、私には言いません。

親が貧乏、人生終わったという検索ワードでこのブログにたどりついた方がいたのです。

きっと受験生なのではないかと。
もしかしたら息子と同じようにセンター試験に失敗してしまった受験生なのか。

親に、私立に行くお金はないと言われて、絶望しているのかなんて、勝手にかんぐってしまいました。

そんな子が、息子のほかにもいるなんて、ちょっとぐさりときました。

そりゃあお金がある家、学費を心配しないでもいいという親の方がいいですよね。
なんでこんな家に生まれたんだろうと恨む気持ちもわかります。

でも、その逆境をばねに頑張ってほしいと思います。

中には、仕事をしながらお金を貯めてから大学に行くっていう子も、世の中にはいます。
新聞奨学生という道もあります。

本当に大学に行きたい。
勉強がしたいという気持ちがあるなら頑張れると思います。

さきほど、またまた絶望の中にいた息子に話ました。

自分の部屋があり、浪人できたこと、勉強する部屋があること。
お風呂に入れること。ごはんが食べれること。

そんな当たり前の生活がどれだけ感謝なのかと言いました。

大学を受験できるというチャンスを再び、与えられているということも感謝ではないの?
チャンスを今度こそつかんでと励ましました。

以前の記事でも書きましたが、受験という壁を乗り越えないと前には進めないのです。

親が貧乏で、人生終わったと嘆いている方。
頑張れば、人生変えられると思います。

タイトルとURLをコピーしました