センター試験終了後、絶望から這い上がる・・・

スポンサーリンク




昨晩、息子は荒れていました。

絶望、もう全部落ちる、孤独、俺は価値のない人間だ。
最後は死にたいとまで言い出しました。

そしてネットで受験うつを検索し、自分とあてはめて、ぴったりだから俺はうつ病だ、もうだめだとわめく。
こんな息子の姿を見て、昨年と同じだ、悪夢再びと、私も同じように絶望に落ちていきました。

眠れませんでした。

今朝、仕事に行く直前、息子はまたまた私立でもいいかと聞いてきました。

これは貧困母子家庭ならではの苦悩です。

私立理系、奨学金を借りたら500万以上の借金を背負うことになります。
そんな借金して将来返すことができるのか?
息子は、今度はその恐怖と闘っていました。

ちゃんとした父親がいたら・・・
私立の学費も出してあげれたことでしょう。

それができない苦しみで、私は息をするのも苦しくなりました。

私立でもいいよ、頑張ろう。
お母さんももっと働くし。
将来、絶対に返せる職業につければいいんだし。

そう答えました。

貧困で息子をつぶしたくはありません。

仕事から帰宅後、息子は塾に行っていました。
塾から電話がきました。

塾長から希望の言葉をもらい、ひとすじの明るい光が見えてきました。

センターはこけたけれど、まだまだ二次試験で挽回できる範囲だということでした。
詳しくは明日のセンターリサーチの結果次第です。

私立は、MARCHの中から二つ受けます。
そしてもう一つは安全圏の日大。
日大は今年人気がないそうなので安全圏だということでした。

このような話を塾で、息子と話し合ったそうで、息子は絶望の淵から這い上がりました。

やる気になって、目の色を変えて過去問を解いています。

国公立をあきらめていません。
勝負まで一か月あります。

タイトルとURLをコピーしました