キラキラとした高校生が眩しく見えました。

スポンサーリンク




浪人生息子は、今日一日ゴロゴロしていたようです。

突然、やる気スイッチが切れます。

一日10時間勉強と意気込んでみても、モチベーションを維持していくのは相当、難しいと思います。

今日は、仕事帰りで高校生をたくさん見かけました。

青春を謳歌しているように、楽しそうに、その姿がまぶしかったです。。

スポンサーリンク

キラキラとした高校生がまぶしかった。

男子高校生3人組は、そろいにそろって3人ともニキビ面でした。
青春のシンボルであるニキビに、娘も息子も悩まされたこと思い出しました。

わが息子は、もう高校の制服を着ることはない。

部屋の片隅にブレーザーがかけたままになっています。

ほこりにまみれています。

残念ながら息子の高校生活は、キラキラしたものではありませんでした。

中学時代のいじめが尾をひいていました。

私立中学でのいじめを経験して、息子は逃げるように公立高校を受験しました。
本当はみんなといっしょにそのまま私立高校にエスカレーターで上がる予定でした。

結果的に息子が公立高校を受験してくれて正解でした。

中学3年の一番大事な時に、私と息子はあの家を飛び出しました。
そして貧困母子家庭がスタートしたのだから、私立高校に行く余裕なんてありませんでした。

キラキラした高校生活をおくることができなかった息子です。

高校一年の時には、親友もできたのです、その頃は楽しそうでした。
でも、自分から離れちゃったのです。

嫌われるのが怖いからです。
その頃、息子の愛読書は嫌われる勇気でした。

大学生になったら、あれをしたい。
これをしたい。

息子は、そんなことを口に出すようになりました。

将来の夢も、語っています。

高校を卒業して半年。
息子の心の傷は、少しづつ癒されたように見えます。

最近は、いろんな友人と連絡をとりあっているようです。

俺は友達がいない、そんな自虐的な言葉も言わなくなりました。

タイトルとURLをコピーしました