発達障害・・・、嫌われる勇気

スポンサーリンク




a0800_000533

昔は、発達障害なんて言葉はありませんでした。
世の中で、知られるようになったのは、ここ何年かだと思います。

ひと昔前は、発達障害とはわからずに、ちょっとかわった人で通っていたのだと思います。

スポンサーリンク

過去の記事にも書きましたが、私は、DV夫が発達障害ではないか、 息子が、それを、遺伝で引き継いでしまったのではないかとずっと疑っていました。 悩んでいました。

息子の苦悩 発達障害の疑い
第四の発達障害

夫のことは、もうどうでもいいのだけど、
息子が、心配でした。

今も時々、忘れ物はしますが、そんな忘れ物は、私もしょっちゅうします。
いちいち発達障害か?なんて悩むのはばかげていると思いました。

現在は、友達もできて、普通の子と変わらない生活をおくっています。

息子の場合は、やはりDVやモラハラ環境で育った影響が、脳にダメージを与えていたのかも・・
第四の発達障害と言われるものです。

マイナスの言葉の中で育ったので、とにかく自分へのセルフイメージが低い。
自分に自信がない、そして苦しんでいました。

息子が変わり始めたのは、今年春ごろ、高校二年生になってからです。

何年もベストセラーになっている 嫌われる勇気という本を読んでからだと、最近知りました。 人にどう思われているかと、人の目ばかりを気にしていた息子が、自信をもつようになりました。 アドラー心理学とか言ってましたが、この本に救われた人は多いと聞きました。

今は、私がマイナスの言葉をはくと、逆に私にはっぱをかけるようになりました。

「母さんも読んでみて」と言う息子。

私はその本の第二弾、幸せになる勇気の方が読んでみたいです。

自分は幸福になってはいけないという気持ちが、心の片隅にあるからです。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました