息子の私立中時代の同級生に会う、とっさに逃げようとした私です

スポンサーリンク




外から虫の声が聞こえてきます。

あの暑さがうそのような秋の気配でいっぱいです。

有名人の相次ぐ訃報、そして安室奈美恵さんの引退など、寂しいニュースが続いています。

私もなんだか寂しくなり、娘に会いたくなりました。

あいてる日ある?
東京まで行くよ?

とラインしました。

あっさりとごめん、忙しいと断られました。(苦笑)

娘に依存しちゃだめだ、娘には娘の人生があるのだと自分に言い聞かせました。

スポンサーリンク

そして今日は、買い物中に、息子の私立中学時代の同級生親子に偶然会いました。

二人はまるでカップルのように楽しそうに歩いていました。
晴れて大学生になった同級生です。

私はとっさに逃げようとしましたが、気付かれてしまい声をかけられました。

久しぶりーーK君元気?

うん、元気元気。
そう答えながら顔がひきつる。

K君、今どうしているの?

キター、その質問。

浪人しているのとまた顔を引きつらせながら答えました。

浪人は恥ずかしいことではない、逃げるのなんておかしいと後で思いました。

大変ね。
頑張ってと伝えてと同級生母は言いました。

隣で息子の同級生はにこにことしていました。

真面目そうなスポーツマンだった同級生は、ピアスをつけて茶髪になっていたのにはびっくりです。
どこの大学に通っているかは聞きませんでした。

市内をフラフラしていると、娘や息子の同級生やその母親に偶然会うことは多いです。

私と息子が家を出て二人で暮らしていることは、学校関係の人たちは誰も知りません。

タイトルとURLをコピーしました