ゲーム依存は、やっぱり病気なんだ

スポンサーリンク




スポンサーリンク

昨日だったか、ヤフーニュースで、ゲーム依存が病気と認定されたという記事を読みました。

ドキッ!

明日は我が身ではなく、明日はわが子も・・・という不安が猛烈に襲ってきました。

昼夜逆転、夜中じゅうゲーム、そしてひきこもる。

そんな状況が、いつ起こるかわかりません。

思わず、そのページを息子に見せました。

「ゲーム依存が病気と認定されたんだって。ゲームのやりすぎは病気なんだよ」

韓国では80時間だったか、ゲームをやり続けた男性が亡くなったなんてことも書かれていました。

息子はその記事を読んで、俺は依存ではないと言いました。

息子は4月に昼夜逆転の生活をおくっていました。

そしてうつ病と診断されました。

その時にうつ病は、簡単に治らない、一年二年かかるかもなんていう助言を受け、真っ青になりました。

一浪じゃすまなくなる?
どうしよう!と本当にお先真っ暗でした。

睡眠薬とか、脳内のアドレナリンを調整する薬とかを飲んで、息子は復活しました。

早期に立ち直ってくれて本当に良かったと思っています。

さて風邪気味なので今日は、早く寝ようと思います。

タイトルとURLをコピーしました