大学受験失敗、貧乏でも塾へ行かせるべきでした。

スポンサーリンク




梅雨寒という言葉がぴったりの肌寒い一日でした。

今日は、仕事の帰りに、息子が通いだした塾へ行ってきました。

その個別指導塾の室長と、面接というのか、とにかくいろいろ話しました。
一時間ほど話したと思いますが、行ってよかったと思いました。

スポンサーリンク

息子は、今年の3月大学受験を失敗しました。

人生初の挫折です。

今、思うとすべてを甘くみていた気がします。

一番、後悔しているのは、息子が塾へ行きたいと言ったのに、貧乏だから、お金の余裕がないと言い、行かせてあげなかったことです。

息子は、昨年夏ごろから、センター試験まで、本当によく勉強したと思います。
一日10時間やっていたこともありました。

浪人を決めて、また一人で頑張ると言いました。
自宅浪人を決めましたが・・・

人生初の挫折と、受験の疲れと、自宅浪人への不安で押しつぶされそうになった息子は、うつ病になりました。

4月のことです。

息子を立ち直らせたのは、薬ではなくゲームでした。

ゲームをして、生きる希望と元気をとりもどしたのです。

5月になり、ゲーム三昧の日々。
久しぶりに息子の笑顔を見ました。

でも、このままだといけないってことで、塾へ行くことにしました。

同級生の浪人生は、ほぼ予備校へ通っています。

予備校は年間80万?

借金してでもと、私は思いました。

塾へ行かなかったことを後悔しているからです。

息子がみつけてきたのは個別指導塾でした。

月25000円、週一回の二対一の授業です。

本当は予備校に行きたかったのだと思います。

それでも行かないよりはましだと息子は言っています。

貧困の連鎖を断ち切ることを目指して、親子でがんばっていこうと思います。

タイトルとURLをコピーしました