元わが家に行ってきました。DV夫の暮らしぶりを見て・・・

先日、元わが家に行ってきました。

行きたくなかったけれど、喪服を置いてきてしまったのでとりに行きました。

鍵は持っているので、だまって侵入もできるのですが、それはちょっとと思い、夫に連絡して行きました。

案の定、夫は、俺のいる時に来いと言いましたけど、それは断りました。

会いたくないです。

ブツブツと文句を言われ、相変わらずだと思いました。

離婚にも応じてくれないので、私はれっきとした妻なのに、自分の元家に、物を取りに帰るのにドキドキしてしまいました。
元わが家に、入ったのは、約二年ぶりくらいでした。

結局、喪服はありませんでした。

夫に捨てられていたようです。

_| ̄|○

夫の暮らしぶりを見て、哀れに思いました。

ストーブもだしっぱし、冬物の洋服がたくさんかけてあり、季節は冬で止まっているようでした。

一番、びっくりしたのは台所の様子です。
炊飯器が壊れたのか、投げ置かれていました。

茶色くなった、食器が山のように置かれていて、カビのにおいが充満していました。

私には、掃除洗濯、家事一般について、口うるさい夫でした。

男一人だと、こんなにも変わってしまうのかと唖然としました。

そして、一人でご飯を食べている夫を想像し、とても哀れに思いました。
不思議と涙は出ませんでした。

もうここには、帰ってこれないから。
ごめんなさい。

誰もいない家で、つぶやきました。

アパートに帰宅して、あらためて、息子と二人の生活、頑張れねばと思いました。

ランキングに参加しています(*- -)(*_ _)

ブログにきてくださりありがとうございます。

応援していただけると嬉しいです。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。