思考の現実化



最近、息子が愛読している本のタイトルです。

思考は現実化する。

息子はそれを信じているようです。

まずやっていることは、過去の弱い自分を捨てること。
自分は変わる。
よくなったことをイメージする。

それで、よくなった未来を宣言する。

そんな感じかな。

これはキリスト教の信仰に似ています。

見えない未来を信じて祈ること。
見えない未来が、よくなることを信じることです。

息子も娘も、DV夫からの虐待にあっていた時に、一緒に教会に通いました。
わけのわからぬまま、三人で洗礼を受けました。

息子と娘は、もう信仰はありません。
神様を信じることをやめてしまいました。

娘は、自分で幸せをつかんでいます。
息子も自分の方法で、未来がよくなることを信じようとしています。

私も敬虔なクリスチャンではありませんが・・・

何か信じるものがなければ、今の私はいなかったといえます。

今日は、久しぶりに教会へ行き、礼拝に出席しました。

苦しい時の神頼みです。

息子の今までの努力が実るように祈ってきました。

本当は普段から祈っていないといけないんですけど。

ブログにご訪問ありがとうございます。

応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク