塾へは行けない貧乏受験生、それでもお金は飛んでいく。

f:id:chiisan1116:20170814234806p:plain

お盆期間の5連続勤務が終わり、ホッとしています。

明日はお休みです。
お休みの前の日の夜が、すごく好きです。

ちょっとしたワクワク感です。

夜更かししたい所ですが、昨日は二時間しか寝ていないので睡魔が襲ってきています。

息子が、またまた言いにくそうに、参考書を買いたいから、お金をくれと言ってきました。
息子は先月で、アルバイトを辞めてしまったために、自分のお小遣いさえないんです。

アルバイトをしている時は、洋服や本、整髪料、それからリッセシュなども自由に、買ってきていました。

お金の心配はするな!と言えないところが、貧乏母子家庭のつらい所です。

こちらもギリギリなんで、大盤振る舞いはできないんです。

高校一年、二年の時から、息子は何度も塾へ行かせてほしいと懇願してきました。
大手学習塾の無料体験講座は、全部受けました。

そして見積もりをもらってきました。

年間50万?100万?!
はぁ~~?

そんな高い塾代を払ってあげている親御さんは、たくさんいるでしょう。

お金の心配はしなくていいから、頑張って勉強してという感じなのでしょうか。

確かに、塾へ通っていると、通っているだけで安心感があります。
塾の講師からも、助言や指導もらえますし。

わが家が、塾へ行ける状況でないことを、息子は察してくれました。

塾へ行っても、自分がやる気にならなければ意味がない。
自宅で、塾以上の勉強はできるなんて、頼もしいことも言ってくれました。

塾へ行かない選択、それでもお金は飛ぶように出ていきます。

ほぼ毎月ある模試が約3000円。

オーブンキャンパスの交通費が3000円。

スマホ代、ワイモバイルなのに5000円。

参考書が一冊2000円以上?

最低でも毎月この分が出ていきます。

とりあえず入学金にあてようと30万円は貯めました。
でも、これだけでは全然足りないと思います。

ため息が出てしまいます。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています(*- -)(*_ _)

ブログにきてくださりありがとうございます。

応援していただけると嬉しいです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク