母になる、ツナサンはツナのサンドイッチ?

先週から始まったテレビドラマ、母になるを見ています。
あまりテレビは見ないのですが、たまにドップリとはまってしまうことがあります。

今までドップリはまってしまったのは、三浦春馬さん主演の僕のいた時間でした。
難病に侵された主人公が、どう生きるかを書いたドラマでした。

どう生きるか、生かされている意味などいろいろ考えさせられました。

今回は、この母になるというドラマにはまりそうな予感・・・

母になるは、昨日の第二話で、ツナサンという言葉が出てきました。

ご覧になった方、いらっしゃいますか?

ツナサン、母親は、ツナのサンドイッチと勘違いしました。
私もツナサンと聞いたらツナのサンドイッチだと思うだろうな。

でもツナサンとは、ゲームのアプリの名前でした。

ツナツナ3というゲームあるの?

思わず息子に聞いてみたら・・・

知らないって。

ツナサンって検索してみました。
存在しないアプリのようです。

ドラマの中で作られた架空のアプリみたいです。

私と同じように検索された方がたくさんいるようです。(笑)

この母になるというドラマは、とても重いテーマですが、話題になりそうな予感がしています。

子供を誘拐された母。
お母さんになりたかった母。
子育てがうまくいかないと悩む母。

三人の母が、登場し、これから様々な苦悩が描かれていくのでしょうか。

今後も楽しみにみたいと思います。

母親として、私は子供たを守ることはできたのだろうか

先ほど、仕事帰りのバスの中で、昔のことを思い出していました。

娘が14歳、息子が8歳のころです。

私は、夫に内緒でスーパーにパートに出ていたわけですが、
あの頃、二人はいつもつるんでいました。
つるむというより、寄り添っていた?
本当にお互いに助けあっていたと思います。

仲の良い、姉弟でした。
普通の姉弟より絆は深かったと思います。

そのころ父親がおかしくなっていく中、
私と子供たちはいろんな場所へ避難したり、逃げたり、普通の生活ではなくなっていきました。

私一人が、家を追い出された時も、二人は寄り添って寝ていました。

そんな風景を思いだしていました。

あれから10年。
二人は、大人になりました。

離れ離れになってしまったけれど、絆は深いのではないかなと思います。

18歳と24歳。

いろいろあったけれど、よくここまで頑張ってきたなと思います。

娘も息子も。

私は守りきれなかったと思います。
申し訳ない気持ちは、まだ心の中に残っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました