東大合格発表の日、将来を悲観する息子

スポンサーリンク




金曜日だったでしょうか、東大の合格発表のニュースを見ました。

一年後、わが息子にも春が来るのでしょうか。
まだまだだと思っていたのですが、本当に一年後だと思うと、親として心配になります。

心配しても仕方ない、どうにもならないのですが・・・
私立大学に行く余裕は、ありません。

だから頑張ってもらいたいのに・・・

スポンサーリンク

東大合格発表の日、息子は、将来を悲観して帰宅しました。

また、学校で何かあったのか、暗い顔をして言いました。

「俺は、もうだめだ。
俺の人生は、絶望だ。」

思い切り、悲観的な言葉を吐いていました。

息子いわく、悲観的な言葉を吐くと楽になるらしいのです。

でも、それって違う、自分の思った通り、自分が言った通りになってしまうのにと思います。

また、始まったと、
私の気持ちも暗くなりました。

心が弱すぎる。

ずっとずっとそうでした。

嫌われる勇気という本を読んで、少しは変わったと思ったのですが、
何かあると、ドーンと落ち込みます。

これからはじまる受験生活のプレッシャーなのでしょうか。
私は、ただ息子が再び、立ち上がるのを見守るしかありません。

このサイトの紹介文に、あえて国公立を目指していると書きました。
そう書くことによって、目標にもなるし、現実となることを祈ってです。

いったい何をくよくよと悩んでいるのか。
悩んでいるひまなんてないはずなのに・・・
どうも、友達とのコミュニケーションがうまくいってないらしいのです。

少し前に、さんまと東大生の番組を見ました。
さんまの東大方程式です。

頭はいいけど変わっている、そんなテーマで、東大生は、さんまさんにいじられていました。

でも、東大生は、どんなにいじられても、誇りをもっているように見えました。

いじられていた東大生は、確かに、みんな変わっていました。
コミュニケーション能力がないと認めている学生もいました。

会話の能力がなくても、他にたくさん光っている所があるのです。

それを、録画して息子に見せました。

コミュニケーション能力がない学生もたくさんいる。
でも、みんな自分の個性を生かして、自信にあふれているよ。

息子は、ちょっと明るい表情になりました。

「俺、東大を目指す。」

そんなことを言い、部屋に入り、勉強をはじめました。

東大なんて、夢の中の夢です。
でも夢は大きい方がいい、目標は大きい方がいいと思うので、
私は否定しませんでした。

とにかくすぐに、へこむ息子を、いろんな面で自立させなければならないと思います。

ご訪問頂きありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました