DVも、モラハラも治らない!現在の夫を見て、そう思います

スポンサーリンク




スポンサーリンク

DVもモラハラも治らない、ずっとそう思ってきましたが、最近の出来事で確信しました。

先週、DV夫から何度も着信があり、無視していました。
息子の方へも何度も電話をしたらしくて、息子はしぶしぶと電話に出ていました。

重大な話があるから、お母さんに変われと言われ、私にスマホを差し出す息子。

仕方なく、電話に出ると、いきなり怒鳴られました。

「なんで電話に出ないんだ!!」

怖くもないのですが、その怒鳴り声に、嫌気がさしました。

「重大な話って何?」

「近所の○○さんが亡くなった。」

その話なら、もう近所の方から聞いて知っていました。

「喪服はどこにある?」

「洋服ダンスの中」
(わざわざ電話で聞かなくても、探せばわかるのに・・・)

「ちょっと待て!」と言い、携帯を握りながら、ゴソゴソと探す音がしました。

「喪服とワイシャツはあった、ネクタイがない!ネクタイはどこだ?」

「洋服ダンスの扉の所にかかっているはずだけど?」

「ない、ないんだよ!!
どこだ!」

夫は、ずっと怒鳴っていました。

家を出て二年たっています。
どこに何を置いたかなんていう記憶はないです。

「ネクタイなんか1000円で買えるんだから買ったらどうですか」

「なんで買うんだよ、もったいない。」

1000円ほどのネクタイ一本買えないほど、生活苦?
いえいえたぶん違います。

ただのどけちです。

この貧乏性の男とともに23年住み、私もすっかり貧乏性になっていました。
最近、やっと穴のあいた靴下や、セーターを捨てました。
そんなものを着ていたら、いつまでも貧乏のままだと気が付いたからです。

そして夫は、最後までわめきちらしていました。

「てめぇ~俺にこんな思いさせやがって!
許さないからな」って・・・

許さないって?
私が何をしたというのでしょう。

夫からとるべき養育費も、慰謝料も、とろうという気持ちもありませんでした。
夫が生活苦で、これから年金ももらえない身分であること。
そんな事情を知っているので、あえて離婚に向けて闘おうとはしなかったのに・・・

23年間ともに生きた夫への憐みからです。
かわいそうという気持ちが、わずかでも残っていました。

そんな私の気持ちも知らずに、恨み節です。
別居して二年。
二年もたったのに、夫にとって私と息子は所有物でしかないのです。

協力しない、助けない、お前たちを許さない。

そんな気持ちでいるようです。

離れて反省する?
そんなことは、期待していませんでしたが、
電話の向こう側で、わめきちらす夫の声を聞いて、

DVも、モラハラも治ることはないのだと確信しました。

DV、そしてモラハラ、娘や息子には悪い影響を与えて、未だに苦しんでいます。

息子は、父親と同じ行動を、まだ、時々します。
イライラした時に、ものにあたったり、私にあたったりということです。

物にあたる行為、ドン!ドスン!という音を聞くと、
私は心臓がドキドキします。

それはやめてと息子には、何度もお願いしているのですが・・・

ここ一か月は、落ち着いています。

暴力、DV、モラハラの連鎖は、絶対に阻止したい思いです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

あっこ

タイトルとURLをコピーしました