シングルマザーと暴力 そして貧困

スポンサーリンク




昨晩、ネットサーフィンをしていて、ある方のブログに目が止まり、過去記事を読みあさってしまいました。
シングルマザーで、中学生の息子さんと二人暮らしで、貧困に苦しんでいるようでした。

スポンサーリンク

息子、シングルマザー、貧困のキーワードが、私と同じで、同じ境遇の中、毎日の苦しみが綴られていました。

今年の春で、記事の更新は途絶えていました。
(どうしておられるのかな)

その方の息子さんは、発達障害で登校拒否。
ご本人は、うつ病に苦しんでおられて、生活保護を受けられているようでした。

息子さんが、たびたび暴れて、暴力をふるわれた時、息子が怖いと書いてありました。

私は、息子の中学時代を思い出しました。
たびたびでないけれど、よく暴れたし、暴力をふるわれたこともあります。

とても悲しい思い出です。

中学の時は、反抗期であり思春期であり・・・
いろいろある年代です。

夫と息子、二人に暴れられ、泣いてばかりいた日もありました。 いつも布団に潜り込んで泣いていた私。 うつ病にもなりかけていました。

そして脱出。

いろいろうまくいかない時、また布団にもぐりこんで泣いていました。

息子は、私に言いました。

お母さんのそういう姿はみたくないって・・・
ようするに落ち込まないでくれってことです。

その時にハッと気が付きました。

私はいつも、前向きに明るくしていなくてはいけないと。

子供たちにとっては、元気で明るい母親の方がいいに決まってます。

今も、時々落ち込みますが寝込むことはなくなりました。

そのシングルマザーさんの苦しみ、すごくよくわかりますので、本当に大変だと思います。
でも、失礼な言い方かもしれませんが、そのママさん自身にも原因があるのではないかと思いました。

お母さんが、働かないで鬱で寝込み、そして貧困に苦しんでいる姿を、子供がみたら・・・
苦しいだけだと思うのです。

まだ中学生、頼りになるのはお母さんだけなのに・・・
そんなお母さんが苦しんでばかりいたら?

ぶつけるところがなければ、暴れるしかないのですから。

最後の方のブログには、警察とか、施設とかの言葉が出てきていました。
もしかしたら息子さんは施設に入ってしまったのかもしれません。

同じような境遇に生きるシングルマザーとして、その方も幸せでいてほしいと思います。

私は、今も相変わらず、貧困に苦しんでいます。
でも、決めたことがあります。
息子の前では、絶対に泣かない。
寝込まないってことです。

視点を変えれば、今、息子と二人で穏やかに暮らせることは夢のようです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました