息子の暴力

スポンサーリンク




a0002_012022

今朝、ついに息子が暴れました。
昨晩、身体の調子はよくなっていて安心して眠りについたのに・・・

夜中に、DV夫から電話がきて、息子はまた下痢が始まってしまいました。

スポンサーリンク

夜中に何度もトイレに行っていました。 そして、朝起きて、突然暴れ始めました。

私を殴り、私を外へほおりだそうとしました。

ストレス性胃腸炎が治らないこと、
そのストレスは、私のせいだ、母親のくせに助けてくれないと
暴力をふってきたのです。

下痢と腹痛と、全身の倦怠感。

どうしようもない苦しみを、私にあたることしかできない息子。

暴力の連鎖なのか・・・ 反抗期なのかわかりません。 ただ、私はDV夫とそっくりな暴れ方に、深く悲しんでいます。 早朝から大声で暴れ、もうこのアパートにはいられないかもしれません。

血は争えないと言いますし、
父親が暴れるのを見て育ちました。

この子の未来はどうなるんだろうと、
悲観的になってしまいます。

私は、そんな息子を置いて、逃げるように仕事へ行きました。

仕事場では、すべてを忘れて、仕事に没頭できます。
家に帰る時間が近づくと、胃がきりきりと痛みだしました。

息子が、また暴れるのではないかとの恐怖がありました。

帰宅してみると、いつもの優しい子に戻っていました。

でも・・・

苦しいから、
つらいから、

誰かにあたりちらすこと、それは間違っていると教えていかなければなりません。

息子も、完全に父親と決別させるべきなのかもしれません。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました