壮絶な、人生の終え方

スポンサーリンク




a1130_000243

今日は、寒い一日でした。
今朝、仕事場に行ったら、周りに警察官がたくさんいました。

消防車や救急車、パトカーも何台か止まっていて、
従業員もザワザワしていました。

スポンサーリンク

今日の未明に火事があって、二軒全焼したということでした。 燃えてしまったのは、お店のすぐ裏の住宅街のど真ん中でした。 駐車場から焼け落ちた二軒の家が見えました。 焦げ臭さがすごくで、生々しい現場でした。

お店にくるお客様も、火事の話題で、もちっきりでした。
近所に住むお客様の方が情報は早く、いろいろと教えてくれました。

真夜中おこった火事で、消えるのに4時間かかったらしいです。

そして、全焼した家の親子が行方不明ということで、 現場で、二人を探していると聞きました。

あの真っ黒焦げの家の中に・・・

それを聞いて怖くなりました。

後からわかったのですが、81歳の女性と、息子さん54歳。
真っ黒焦げの現場からみつかったそうです。

火事の原因、火元はまだわかっていないそうで、
まだ、何人も警察官がいたので、調べていたのだと思います。

81歳の女性、私の母と同年代です。
要介護4で、介護なしでは動けないと聞きました。

動くことも、逃げることもできなくて
熱かっただろうに・・・
本当に気の毒です。

火事で亡くなる、 壮絶な人生の終え方です。

仕事から帰宅後、母に電話をしてみました。

うつ病も落ち着いて、元気な声でした。

母は、もう帰る場所がありません、
終の棲家は、今住んでいる老人ホームです。

母には笑っていてほしいと思いました。

人生は何がおこるかわからない、
そんなことを考えた一日でした。

ご訪問くださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました