鬼畜・・・自分の子供を殺してしまう親



f:id:chiisan1116:20171008230921j:plain

昨日、ニュースで見ました。

一家6人、刺された上、火をつけられて亡くなってしまったニュース。

そして、その犯人が父親だと知りました。

鬼畜以外の何物でもないですね。

自分の子供を殺すことができる父親なんて。

人間じゃないです。

特に一番上のお子さんへの刺し傷が多かったそうで。

その子だけ自分の子ではなかったから?

かわいそう。
かわいそすぎです。

なんのために、この世に生を受けたのでしょうか。

しかし、親に殺されてしまう子のなんと多い事か。
悲しいことに、連れ子の場合が多いです。

シングルマザーが、今度こそ幸せになろうと再婚した相手に
自分の子供を殺されてしまうケース。

犠牲者はいつも子供です。

児童虐待は、残念ながら減りません。
そして今回のように、殺人まですすんでしまう残虐性が増しているような気がします。

そして児童虐待は連鎖します。

児童虐待をする人の多くは、自分も虐待を受けていたケースが多いです。

そして愛されないで育てられた子は、自分の子供をどうやって愛せばいいのかわかりません。

愛がわからないからです。

もしかしたら、私の別居中の夫も、愛を知らない人なのではないかと思いました。

そして、残念なことに、殺人事件のニュースは毎日のようにあります。
日本に、明るい未来はあるのかと思ってしまいます。

愛がなくなってしまった世の中は、もっともっと悪くなっていくような気がしています。

ランキングに参加しています(*- -)(*_ _)

ブログにきてくださりありがとうございます。

応援していただけると嬉しいです。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク