壮絶な極貧時代を過ごした、風間トオルさん

スポンサーリンク




15

先日、本屋さんで、風間トオルさんの本を見かけました。
幼少時代の極貧生活を、本にされていたのですね~。

風間さんの貧乏は有名ですが、その内容にびっくりしました。
(今日テレビで、見ました)

貧乏になった理由は、両親の離婚。
最初に、母親がいなくなり、次は父親も出ていき、祖父母と暮らしていた幼少時代。

スポンサーリンク

貧乏で、お腹がすいて、雑草や石ころ、かまきりまで食べていたというエピソードを 明るい顔をして話していました。 すごいな~と思ったのは 自分を捨てた両親を恨んでいないということ。

極貧生活をおくり、両親がいなければ、
性格が暗くなったり、誰かを恨んだり、人生そのものを恨んだりって
そうなってもおかしくないのに、
明るいんです。

虫歯は、歯医者にいくお金がないからペンチでぬいたとか、
お風呂はないから、洗濯機で洋服ごと洗ったとか、

ほんとなの?と思う極貧ぶりです。

そして、高校時代から、一人暮らしで、アルバイトで学費や生活費を稼いでいたそうです。

立派だと思います。

貧乏経験で、身体も精神も強くなったとか・・・

そして、トレンド俳優になり、大逆転の人生をおくっています。 人生って、いつどうなるかわからないと思いました。 お金持ちが、転落の人生を歩んで、貧乏になるって話もよくあるけれで、 風間さんのような逆パターンもあるのですね。

わが家は、雑草を食べるほどの極貧ではないし
シャワーも浴びられます。

恵まれているのかもしれません。

あとは、息子も私も病気をしないこと。
健康でいられることが何よりも幸福なのかもしれません。

貧乏からの脱出、息子の目標です。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました