貧乏受験生のアルバイト

スポンサーリンク




a0070_000236

夏休みも、半分がすぎてしまいました。

それにしても暑い毎日です。

スポンサーリンク

息子は、バイト、オープンキャンパスへ行く、友達と遊ぶなど、 ほぼ家にはいない状況で、充実した夏を過ごしているようです。 後半は、勉強にスイッチを入れるらしいです。

学校は8月の末から始まり、すぐに期末テストが始まります。
去年は、部活でクタクタになり、ノーベンでした。
(ノーベンとは、全く勉強しなかったということです)

散々な成績でした。

今年も、同級生は、夏休みも部活で忙しい子が多いと思います。

息子は部活を辞める辞めないで、結構悩んだけれど、
今、思うと、辞めてよかった、正解だったと思います。

今年の夏は、引っ越しのバイト、スーパーのバイトを経験しました。 上下関係も、少しは学んだようです。 何事も経験だ!と思います。 そして、今度は家庭教師のバイトをやることになりました。

家庭教師というほどのものではないかもしれませんが・・・

私の友人の息子さん、中学二年生なのですが、勉強をみてくれないかなと
頼まれてしまいました。

宿題の手伝いということで、短期間のアルバイトを引き受けました。

勉強を教えるなんてできるの?

大丈夫なの?と思っていましたが、
心配無用でした。

友人から、お礼のメールが来ました。

K君、すごく一生懸命教えてくれて、本当にありがとう。
助かりました。という内容でした。

他のアルバイトのお休みを返上して三日間教えに行きます。

初日は、すごく疲れた様子でした。

人に勉強を教えるなんて、はじめての経験ですから~

いつかは、塾の講師のアルバイトをしたいと言っていました。

そのためにも、いい経験になると思います。

未来に向けて、がんばっている息子を
影で支えたいと思いました。

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました