貧困母子家庭、息子の嘆き

スポンサーリンク




a0013_000009

暑い~
身体がとろけそうです。

日本の夏、いつからこんなに暑くなったのでしょうか・・・

仕事から、帰宅後、まず、大好きなアイスコーヒーを飲みます。
至福のひと時です。

スポンサーリンク

相変わらずの生活苦、 生活苦、貧困が原因で息子と、またまた喧嘩になりました。

夜八時すぎに、バイトからクタクタになった息子が帰宅。

その場で、バタンキューと転がり、
疲れたと言い、寝息をたてて眠ってしまいました。

夕飯も食べずに、気持ちよさそうに寝ていました。

相当疲れているのだな~と思いながら、
起こすのもかわいそうなので、私は、一人で夕飯を食べていました。

一時間くらいして、目を覚ました息子。
機嫌が悪い。

「おかずこれだけ?
少ないよ、」と文句を言う。

昨日は水餃子と、生野菜のサラダと、きゅうりの酢の物を作りました。
自分が食欲がないので、なんだかこってり系を作りたくなくて・・・

「食費の節約?
もういい加減にしてくれよ。
節約しなくていいじゃん」と、ブツブツ文句を言い続ける息子。

大学受験まであと一年半だよ。 少しでもお金貯めたいから、贅沢はできないと説明しました。 大学受験、ひとつ受けるのに、3万、5つ受けたら15万。 そのお金はどうするの? 学費は奨学金借りれるとしても 入学金は間に合わないんだよ そのお金どうするの?

そんな質問を息子にしたって仕方ないのに、
つい聞いてしまいました。

「親父のせいだ、
親父が、ちゃんと仕事してくれれば、
親父が、おかしくならなければ、
こんな貧乏生活しなくてすんだんだろう。

悔しいよ

普通は、大学資金は親が出してくれるんじゃないの?

親父がすべて悪いんだ。
悔しいよ。」

「お母さんだって悔しいよ。

でも、借金してでも、大学へは行かせるから
お母さんがんばるからさ~
Kは、勉強に集中していいから。」

「母さん、ごめん

でも貧乏や貧困を味わっていいこともあるよ。

どんな逆境にも耐えられる、
精神が強くなる。

だから、がんばろう・・・」と。

最後は一応、仲直りをしました。
すぐに、謝ってくれるのが息子のいい所です。

お金がない、貧乏、貧困って、時々せつなくなります。

あんな苦しい時代があったねと、
笑って思い出せる日が来ますように・・・

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました