お盆の準備、義父の思い

スポンサーリンク




a0006_002387

今日は、祭日、山の日でした。
世の中はお盆休みに入るのですね。

明日がお盆の入りということで、
今日は、お盆準備の品物がたくさん売れました。

スポンサーリンク

13日におがらを燃やして迎え火。 16日には、送り火をして先祖の霊を送ります。 かつて、DV夫の家では、毎年やっていました。

貧乏でも、仏壇にはたくさんのお供えをしました。
いつか安い桃を買ってきて怒られたことを思い出しました。

「親父が帰ってくるんだから、
もっとおいしそうな果物を買って来い
豪華に飾りつけろ。」

毎年、そんな命令をされていました。

親父が帰ってくる?

そんなこと、私は信じていませんでしたから。

夫は、仏壇を大事にしていました。
仕事から帰宅後は、仏壇に直行して、手をあわせていました。

仏壇に、毎日お供えをして、
きれいなお花を飾り、いつも自己満足をしていた夫でした。

義父が元気だったころから
夫のDVやモラハラはありました。

義父の所へ、逃げたこともあります。 その時に、言われた義父の言葉をよく思い出します。 いつか、変わるから 年をとったら変わるから。 がまんしてくれ。 辛抱してくれという言葉です。 残念ながら、夫は変わりませんでした。

亡くなったお義父さんの願いは、
仏壇をきれいに飾ることとか、豪華なお供えものではなくて、
家族、仲良く、暮らしていくことではなかったのか・・・

もし本当にあの世というものがあり
あの世から、見ているというのなら、

お義父さんは、悲しみ嘆いているのではないかと思います。

一人になって二年目の夏です。
夫は、埃だらけの仏壇に、どのような思いで
手を合わせているのでしょうか。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました