実家がなくなりました、これで三度目。

スポンサーリンク




042

昨日、兄一家は、私の最後の実家だった貸家から、また家賃の安い貸家に引っ越しをしました。
今度は、母の部屋もありません。

兄夫婦の家になります。

スポンサーリンク

実家がなくなるのは、これで三度目ですが、今回で完全に実家と呼べる家は消滅です。 母の終の棲家は、老人ホームとなったわけですが、 母はもう、仏壇の心配もしなくなるほど、認知症は進んでしまいました。

お盆やお正月に、帰る実家はもうありません。

私が生まれ育った本当の実家は、約20年前に、都市計画の開発のために、立ち退きになりました。
それから近所の家々も、商店街も、すべて取り壊され、影も形もなくなりました。

そこに、今は大きなビルが建っています。

そしてその立ち退き料で、買った第二の実家は、
去年、取り壊されました。

実家が、瓦礫の山に

まだまだ全然、きれいで住める家でした。
でもローンが払えずに、ついに売却することになったのです。

都心にある三階建ての豪邸でした。

亡くなった父も、母も大好きな家でした。
母は、取り壊されるその元実家を見るのがいやで・・・
遠回りしていました。

そして借りた賃料24万円の貸家。
母の部屋もありました。
私も何回か泊まりに行きました。

家賃が高すぎました。
母の認知症も進んでしまいました。

兄夫婦は、引っ越すことを決断し、今に至りました。

小さいころ、遊んだ公園、買い物に行った商店街やスーパー。 目を閉じれば浮かんでくるけれど、 もう私には、実家と地元というものがありません。 地元もふるさとも消滅です。

妹も言っていました。
昔のこと思い出すと悲しくなると。

時が流れ、時代が変わっていく。
仕方のないことだとわかっているのですけど・・・

寂しいです。

いつも応援ありがとうございます。
励みになります。
押していただけると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました