夫に死んで欲しいと願う妻たち、増加中

スポンサーリンク




brittany-112264_1920-400x270-MM-100

夫に死んで欲しいと願う妻たち、この言葉を最近よく耳にすると思っていたら・・・
今年、4月に、その題名の本が発売されていたのですね。

ある男性が、怖いものみたさに読んでみたそうです。
できるなら、読まない方がよかったと言っていました。

男性側から見たら、恐ろしいという内容のようです。

スポンサーリンク

死んでほしいと願うのは、もう愛情が全くないわけで、 その愛情が憎しみに変わっていき、家庭内別居が増えているということでした。

愛情もなく、憎しみしかないのに、なぜ離婚しないのか?
それはやはり、経済的な問題です。

夫に死んで欲しいと願う、ある妻の証言ですが、
夫は歩くATM機だと言っていました。

お金は必要、だから夫は利用するだけ利用するということです。

う~ん。
それもなんだか寂しい人生だと、私は思います。

妻をそこまで、追い詰めた、夫の数々の暴言があるようですが・・・

そして今日見たニュースは、
夫の寝室に火をつけて、殺害した妻のこと。

やはり、夫の暴力で悩んでいて、警察に相談していたのですね。
そこまでは、私と同じですが、
私は、殺したいとまでは思っていませんでした。

殺したいほどの憎しみはなかったし、今もありません。 私は今、貧乏な母子家庭だけど、 この道を選んで、本当に良かったと思っています。

わが家の場合は、経済的DVもありました。

そんな理由もあり、別居に踏み切ったのですが、
夫に経済力があったら、がまんしていたのかな~なんて思いますが。

今日もご訪問ありがとうございました。

応援が励みになります。
押していただけると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました