息子は、発達障害ではない。疑ってごめんね

スポンサーリンク

a0960_006863

私のこのブログの人気記事、今日は息子の発達障害の疑いの記事が一位になっていました。
このころは、ずっと悩んでいた、私も息子も・・・

息子は、日記をつけています。
前は、内緒で見てしまったりしたけれど、もう見ないことにしました。

毎日毎日、日記を書いて、変わる努力をしていました。
マイナス思考から、プラス思考に変わってきました。
自分に自信がない息子は、もがいて苦しんで悩んで、
自分で変わっていきました。

結果的にいうと、先天的な脳の異常である発達障害ではないと、確信しました。
体育祭で見た息子の姿は、普通だったし、輝いていました。

(時々、忘れ物はしますけど。)

私が息子を、発達障害ではと色眼鏡で見ていたのかもしれません。
DV家庭で育てたし、父親は精神的病、普通なわけがないと、ずっと負い目を感じていました。

今は、逆に私に、はっぱをかけてくれます。

「母さんは、すぐマイナスの言葉を言う。
そういうの、もうやめなよ。」と。。。

娘も息子も、とっくにあのDV父親から卒業してたわけで、
いつまでも、引きずっているのは、私だけなのかもしれません。

学校から帰宅後、アルバイトに行き、夕飯、そしてお皿洗いは俺の仕事だと、どんなに疲れてもやってくれます。

その後、ロフトに上がり勉強しています。

休みの日には、洗濯もしてくれます。
相変わらず、私のパンツを大きく広げて干しています。

それを友達に愚痴ったら、

高校生が、洗濯をする?皿洗いをする?
そんないい子いないよ~

文句言ってないで感謝しなよと言われてしまいました。

そうかもしれない。
こんなに、親を助けてくれる子はいないと、思いました。

そして、子供は親を選べないという、
ずいぶん前にいただいたコメントを思い出しました。
かわいそうな子供たち、子供は親を選べない、その言葉は、
今でも胸に突き刺さったままです。

でもそれは、事実。
こんな親でごめんねと思っています。

今日も最後までお読みくださりありがとうございました。
皆様の応援が、励みになっています。
よろしくお願いします。