カウンセリング、信頼している人の裏切り

スポンサーリンク




息子が、暴れてから一週間以上たち、落ち着いているように見えました。
変わろう変わろうと努力しているのも、見ていてわかりました。

でも・・・心の中のもやもやがまだ、残っているようです。
よくなっているように見えても、また元に戻ってしまいます。

こんな時、母親はどうすればいいのか・・
そっとしておくべきなのか。
ただ陰で見守ることしかできないのか。

こんな時、男親がいれば、と思ってしまいます。

スポンサーリンク

息子が、自分の心を吐き出して話せる人がいました。 DV被害者の自助会のようなものがあって、そこで、カウンセリングを受けていました。

40代の男性で、私も会ってお話しをしたことがあります。
どこか陰のある方という印象でした。

二週間に一度くらい会って、カウンセリングを受けていました。
息子はすっきりした顔をして帰ってきたので、うまくいっているものだと思っていました。

これで、心の傷も癒えてくれるだろうと、
父親代わりをしてくれていたその男性に感謝をしていました。

ところが、先月のはじめに、突然連絡がとれなくなり、カウンセリングが受けられなくなりました。

故郷へ帰ったという噂を聞きましたが、真実はわからないでいました。

息子は、不安そうでした。
また会える、話を聞いてもらえると思っていたと思います。

今月、その会から連絡があり、とんでもない事実を知りました。

その男性は、DVの加害者でした。
接近禁止命令が出ているのに、それに逆らって、子供たちに会いに行ってしまったそうです。

それで、逮捕されたらしいです。

ショックでした。

息子も知ってしまいました。

親父と同じ種類の人間だったのかと吐き捨てるようにいいました。
DV加害者で、あることよりも、自分の元を去っていったという気持ちが強く、ショックだったようです。

信頼していたのに・・・
せっかく心が、軽くなっていったのに・・

そんな思いなようです。

その男性は、その会に入り、自分も更生しようと努力をしていたそうです。

本当の親子のように、話せていたのに・・・。

息子は、誰かに甘えたい。
自分の傷をいやしてほしい。

そんな気持ちが、心の奥底にはあるのだと思います。

DVモラハラな父親を許していた息子
父親からの電話では、父親を許しているように聞こえました。

でも、心の奥底は、父親に似ている部分がいやでいやで、仕方ないようです。
あんな人間になりたくない。
俺もあんな人生になるのかなどと、今日は、マイナスの言葉ばかりはいています。

マイナスの言葉は言わない、そう約束したよね。

うん。
いわない。

今日はこんな感じです。
将来を悲観する言葉まで出ています。

もしこのブログを読んでいらっしゃる方で、DVモラハラの被害にあわれている方が、いらっしゃるようでしたら
一刻も早く、脱出することをおすすめします。

DVやモラハラの環境は、子供たちに、いい影響は与えないからです。

ご訪問くださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました