母が、変わっていく・・・

おんな

 2016/01/04

今日から仕事でした。
一日の長かったこと・・・でも、お正月気分ぬけました。
今年もバリバリ働きます!

お正月、母に会い、母がかわっていくことを実感しました。

妹に、クリスマスに行ったディナーショーの話を聞き、まずびっくりしました。

私には縁がない、高級ディナーショー

チケットに、正装でお越しくださいと書かれていたのに、母は待ち合わせの場所に、喪服で現れたらしいです。
妹は焦って、近くの洋服店を探し、明るい色の上着を買い、母に着せて、ホテルへ向かったそうです。

ディナーショーには、間に合い、母はここでもおかしな行動をとったらしいです。
バラードとか静かな曲の、笑ってはいけない所で、ゲラゲラ大声で笑ったり、ディナーショーのお食事では、ナイフ、フォークを
何度も落とし、妹は、恥ずかしかったと言っていました。

ホテルの部屋では、大いびきをかき、爆睡。

妹は、明け方まで眠れなかったとか。。。 でも、すごく喜んでいたので、連れていってあげて良かったと言っていました。

元旦、みんなが集まる中で、母はとにかく食べまくってました。

そんなに、食べて大丈夫?と思うぐらいでした。
そして、食べている最中に台所へ行き、おもちを焼き始めたのです。
醤油をつけてのりで巻いたお餅が食べたくなったと言い、そのお餅もぱくついていました。

あんなに、おしゃれだった母、シャネルスーツや、ワンピースは持っていたはずです。
それなのに、正装が喪服だと思ってしまうなんて。。。

あんなに、お上品だった母が、食べまくる姿は、なんだかとても、悲しく見えました。
そして、同じ言葉を繰り返す会話もひどくなっていました。

私の息子を見て、
Kちゃん、大きくなって、立派になって良かった良かった。
これは、10回ほど、言いました。

大好きだった前の家を売って、今の家に引っ越したことがショックだったのでしょうか。 認知症は、ショックなことがあると進むと言います。 今年3月、母は82歳になります。

私や、兄、妹のことがわからなくなる日がくるのでしょうか。
来てほしくないと、心の底から思います。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。
ランキングに参加してます。応援ポチッしていただくと嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました