生きていてくれるだけでいい・・・・

スポンサーリンク




a0950_000029

職場のフリーターM君のお話です。

スポンサーリンク

お母様が倒れて、二週間後、M君はやっと出社しました。 お母様、最悪の事態は免れたけれど、意識は戻らないとのことでした。

脳内出血でした、

ずっと前から、頭痛持ちで、病院へは行ってなかったそうです。
倒れたその日も、頭が痛いと言いながら、仕事へ向かったそうで、
会社で意識をなくし、そのまま救急車で病院へ、そして緊急手術。

意識が戻ったとしても半身不随は確実で、もう普通の生活には戻れないという事でした。

毎日、お昼休みにお母様のお話をしています。
M君は、ひとりっこだとばかり思っていましたが、お兄さんとお姉さんがいました。
でも、二人とも結婚して遠くの地方に住んでいるということでした、

お兄さんやお姉さんがいるのに、 「母親の面倒は俺がみる、どんな状態になっても生きていてくれるだけでいいんだ」と 言いました。

まだ25歳です。
父親も早くに亡くし、お母様と二人暮らしです。
いつか、結婚もあきらめていると言っていました。

M君は次男です。
兄貴も姉貴もずるい、俺に押し付けやがって、などと決して言わない青年です。

日本にはまだこんなに心がきれいな若者もいます。
親の介護、長男がやるべき、長女なんだから、そんな考えに縛られている人がたくさんいますけど。。。
こんな青年もいるのです。

親を背負っていきていく、その覚悟も以前に聞いたことがあります。

M君のお母様、目を覚ましたら~
絶対にリハビリを頑張って復活してほしいと思います、
たぶん、お母様自身は、息子に迷惑かけたくないと、必死に病魔と闘っているのだと思います。

私がM君に出来ること、何もない。
出来るとすれば、M君の仕事を手伝うことくらいです。

明るかったM君、人気者のM君、ため息が多くなりました。

頑張れ。。。

ご訪問ありがとうございました。
応援ポチッお願いしま~す

タイトルとURLをコピーしました