ひきこもり人生を歩んで欲しくない。逃げるな!弱虫!

スポンサーリンク




息子に、親友が出来たようです。
当たり前のこんなことが、私はすごく嬉しいのです。

冬休みに入り、バイトもして、友達と出掛けることも多くなり、私はそんな普通の事がすごく嬉しいのです。
いろいろありましたら・・・

ひきこもり人生を歩んで欲しくない

このままコミュニケーション能力もなく、ひきこもり人生になったらどうしようと思っていたのです。
どうやら、なんでも話せる親友ができたようで、安心しました。

もうひとつ、気になっていた記事を紹介します。

引用 あさイチホームページより
・DV家庭が子供へ与える影響

番組では、両親の暴言などのDVを目撃して育った子どもにどんな影響があるか、福井大学の友田明美教授の研究をご紹介しました。
それによると、モラハラ家庭で育った子どもの脳は、目で見た情報から相手の気持ちや感情をコントロールする機能を持つ「視覚野」が、通常の子どもよりも6.1%減少することが分かりました。こうすると、集団行動が苦手になったり、対人関係を作るのが難しくなるといった発達障害に似た症状が現れやすくなります。
モラハラ家庭で育った子どもが必ずしもなるわけではありませんが、その可能性をはらんでいるという最新の研究結果です。

いじめられたことによる心の傷と、モラハラ家庭で育ったことによる影響のダブルパンチで、集団行動が苦手になり、自分に自信のない子になっていたのか。

今、思うのは、本当に、DV夫と引き離して良かったということ。
二人で生きていくのも、それなりに大変ですが、あのまま、あの家にいたら、息子の人生はメチャクチャになっていたと思うのです。

暴力の連鎖は絶対に断ち切りたいです。

引越しのアルバイトでは、先輩にしごかれているようです。
怒られてばかりいるらしく、もうやめたいと弱音を何度はいたことか・・・

逃げるな!弱虫!逃げてばかりいたら、強くなれないよ。

私はそう言って、はっぱをかけています。
なんとか、続けています。

引越しのアルバイト、郵便局のアルバイト、かけもちでがんばっています。
働くこと、お金を稼ぐことの大変さもわかったと思います。

あきらめることなく、生きていけば状況は変わっていく、そう思っています。
応援してくださる方、本当にありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました