夫と別居しなくても、たぶん貧乏だったと思います。



今日は、息子の塾へ、個人面談のために行ってきました。

今の状況、志望大学の相談、今後の勉強方法なんかを塾長と話をしました。

以前書いたけれど、浪人生は高校4年生と呼ばれています。
息子が通う塾で、高校4年生はほかにはいません。

つまり浪人生は息子一人。

やっぱり浪人生はみんな予備校に行くのが普通なんでしょうね。

うちが母子家庭なのは話してありますが、貧乏なのは知りません。
(母子家庭で裕福は珍しいと思いますが)

冬期講習だの、センター直前授業だのいろいろすすめてきました。
これからの追い込みが大事なのはわかっています。

はい、全部受けさせますと言えない所が、貧困母子家庭のつらさです。

夫と別居しなくても、たぶん貧乏という状況は変わらなかったと思います。

いまさらながら、小学校、中学校と私立に行かせてしまったことを悔いります。

娘と息子と、学費だけで2000万円も使ってしまいました。
(娘は12年間私立で、息子は9年間私立です)
年間100万円はかかっていたから、計算すると2000万になるというわけです。

あの時に、いつかこんな極貧の時代がくるなんて思っていませんでした。

ずっと貯めていた学資保険も、夫の仕事がうまくいかなくなり解約してしまいました。
子供たちのお年玉も、すべて生活費に消えていきました。

人生いつどうなるかわからないの典型だと思います。

過去を悔いても仕方ないです。

息子が、夢に向かって一生懸命勉強しているという事実があります。

貧乏でも夢に向かって頑張っていれば、報われる日が来ると信じたいです。

ランキングに参加しています(*- -)(*_ _)

ブログにきてくださりありがとうございます。

応援していただけると嬉しいです。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。