カビだらけのアパートには、もう新しい住人が住んでいた

スポンサーリンク




現在のワンルームマンションに、引っ越してきたのは昨年の8月だったので、ここに越してきてから初めて梅雨を迎えます。
今、感じているのは、匂いが全然違うということです。

カビだらけのアパートは、カビのにおいが充満していました。

安い物件には理由があったのです。
駅近で2DKで5万円というのは、格安だったので、私も息子もその広さには喜んでいました。
ところが住んでみないとわかりません。

ふいてもふいても壁や、家具にはカビが生えてきました。
湿度計はいつも60%以上で、除湿器などはつけっぱなしにしていたのです。

カビが原因で、結膜炎になったこともあります。
眼医者に行き、エタノールで家具を消毒するように言われました。

息子は、アレルギー性鼻炎に悩みました。
洋服にもカビの匂いがしみついていました。

あのまま住んでいたら、二人で体調を崩していたかもしれないです。

カビだらけだった前住居のアパートには、もう新しい住人が住んでいました。

不動産会社のサイトで、見たのですが、もう募集はしていなくて、新しい住人が住んでいるようです。
カビだらけの訳アリアパートだって知らないで入居したかもしれません。

あのすごさは住んでみないとわかりません。

家賃が安くて駅が近い、人気があってすぐに決まるけど、回転率は高いようです。
あのカビに辟易して、みんな短い年数で引っ越していくみたいです。

タイトルとURLをコピーしました