息子の自立は、カビにまみれたボロアパートのおかげだった

スポンサーリンク




女性の多い職場は、やはり疲れます。
今日は、私の苦手な人の機嫌がよくて、向こうから何度も話しかけてきました。
まったく・・・よくわからない人です。

今日も忙しく、疲れて帰宅したけれど、帰宅後のコーヒータイムは何とも言えない達成感に満たされます。
「今日も一日がんばりました。」と自分を労う。

今日はソフトクリーム味のシュークリームを買ってきました。
一日一回ワクワクすることをすると、良いエネルギーが出るそうです。
ワクワクすること、私は断然スイーツを食べること。

一年前の自分のブログを読みました。
5月1日の記事です。
まるで、昨日のことのようによみがえってきました。

息子の自立は、カビにまみれたボロアパートのおかげだった

息子と喧嘩、もう出ていっていいよ~
今日の天気はなんですか? 天気予報を見ていなかったものだから、雨が降るなんて知らなかった。 朝早く起きて出勤前に、洗濯干したのに。 すんごい雨!雷までなっていました。 洗濯もの入れておいてと息子にlineする暇もなく...

本当によく親子喧嘩をしてました、時には取っ組み合いの喧嘩もしたけれど、力ではどうしても息子にはかないませんでした。
もう出ていっていいよ~この日から、息子は自立したいと思っていたようだ、一年前の記事に、カビが限界だって書いてありました。

アレルギーを持っている息子には限界だったようで、掃除機をかけても、カビ取りスプレーで掃除をしても、空気清浄機をかけっぱなしにしても、全然よくならなかったのです。
息子が受験うつになったもの、もしかしたらあのボロアパートのせいだったのかって、今頃気が付きました。

日の当たらないアパート、恐ろしいほどのカビ臭、拭いても拭いても壁に生えてくるカビ。
駅近の2DKで家賃は5万と格安だったのは理由があったのです。

前アパートの写真がありました。
壊れたガラス戸をそのまま使ってました、間違いなく貧乏神に取りつかれていたと思う。

私は、息子依存をしていたので、一人になるのがものすごく怖かったのです。
でも、昨年の今頃から、息子の説得が始まり、私はようやく一人になる決心をしたのです。

あのアパートが劣悪な環境でなかったら、私はまだ子離れできていなかったかもしれない。
貧乏だから仕方ないとあきらめて、カビの中で生きていたかもしれない。

結果的には、一人暮らしをして正解でした。
ワンルームで古いマンションですが、角部屋で窓も二つあり、カビとは無縁です。

タイトルとURLをコピーしました